令和2年度(2020)業績

Ⅰ.講演

  1. 千葉 厚郎:Fisher症候群:Guillain-Barré症候群臨床亜型の成立とその先.第61回日本神経学会学術大会.岡山.2020年9月2日.

  2. 大石知瑞子,神林隆道,東原真奈,畑中裕己,千葉厚郎,園生雅弘:胸骨切開術後腕神経叢障害はT1前枝も障害し得る.第61回日本神経学会総会.岡山・WEBライブ学会 2020年8月31日−9月2日.

  3. 徳重真一,松田俊一,他田正義,矢部一郎,武田篤,田中洋康,畠中めぐみ,榎本博之,小林俊輔,清水和敬,清水崇宏,花島律子,辻省次,宇川義一,寺尾安生:脊髄小脳変性症の病型ごとの時間的統合の限界.第61回日本神経学会学術大会.岡山・WEBライブ学会2020年8月31日−9月2日.

  4. 中島 昌典, 内堀 歩, 行田 敦子, 市川 弥生子, 千葉 厚郎:MAG抗体陽性ニューロパチーの治療経過からみた抗体の産生能の検討. 第61回日本神経学会学術大会,岡山・WEBライブ学会2020年8月31日-9月2日

  5. 寺尾 安生, 宮崎 泰, 本間 元康, 徳重 真一, 寺田 さとみ, 内堀 歩, 市川 弥生子, 千葉 厚郎, 宇川 義一, 浅原 有揮, 宮川 晋治, 鈴木 正彦:パーキンソニズムの患者では内因性クロックは遅くなるか. 第61回日本神経学会学術大会,岡山・WEBライブ学会2020年8月31日-9月2日

  6. 寺田さとみ,徳重真一,松田俊一,高橋祐二,内堀歩,市川弥生子,千葉厚郎,濱田雅,宇川義一,辻省次,寺尾安生:Eye-hand coordination in reaching task in SCA compared with Parkinson disease. 第61回日本神経学会学術大会.岡山・WEBライブ学会2020年8月31日~9月2日.

  7. 永井健太郎,市川弥生子,上月直樹,田中雅貴,大石知瑞子,千葉厚郎:錯乱状態で救急搬送され、診断に至ったATP1A2遺伝子変異を有する片麻痺性片頭痛の19歳男性例.第234回日本神経学会関東・甲信越地方会.オンライン.2020年9月5日.

  8. 千葉厚郎:免疫性ニューロパチー:治療の進歩.第31回日本末梢神経学会.オンライン.2020年9月12日.

  9. 大石知瑞子,神林隆道,東原真奈,畑中裕己,千葉厚郎,園生雅弘:胸骨切開術後腕神経叢障害はT1前枝も障害し得る.第31回日本末梢神経学会学術集会.オンライン.2020年9月11−10月12日.

  10. 内堀 歩,行田敦子,海田賢一,本郷 悠,千葉厚郎:Ca2+依存性GQ1b抗体陽性症例の臨床像の検討第31回日本末梢神経学会学術集会.オンライン.2020年9月11−10月12日.

  11. 中島昌典,内堀歩,行田敦子,平山健次,上月直樹,白鳥嵩之,茂呂直紀,澁谷裕彦,永井健太郎,徳重真一,大石知瑞子,宮崎泰,市川弥生子,千葉厚郎:MAG抗体陽性ニューロパチーの経過からみた治療反応性について.第31回 日本末梢神経学会学術集会,オンライン,2020年09月11日-10月12日.

  12. 加藤敦士, 大野亜希子, 宮本尚彦, 八谷隆仁, 羽田裕, 楠原光謹, 神保陽子, 久松理一, 星田京子, 坂田好美, 宮崎泰, 千葉厚郎:難治性下痢を呈し、失神、感覚障害が診断の契機となった遺伝性トランスサイレチン(ATTRv)アミロイドーシスの一例.第361回日本消化器病学会関東支部例会.オンライン.2020年9月12日.

  13. 徳重真一:COVID-19 環境下における杏林大学病院の てんかん治療について.第一三共 てんかんWebセミナー.オンライン.2020年9月28日.

  14. 内堀 歩,行田敦子,千葉厚郎:Seronegative-Guillain-Barre syndromeにおけるCa2+依存性抗体の検討.第32回 日本神経免疫学会学術集会.金沢・WEBライブ学会.2020年10月1-2日.

  15. Oishi C, Chiba T, Chiba A, Sonoo M: The reason of the large variation of the near-field potential size in the tibial nerve compound muscle action potential. American Association of Neuromuscular and Electrodiagnostic Medicine 66th Annual Meeting, online, October 8th, 2020.

  16. 千葉厚郎:パーキンソン病の診療:私の診断と治療の実際.医薬連携パーキンソン病勉強会.オンライン.2020年10月20日.

  17. 林和孝, 水谷泰彰, 前田利樹, 新美芳樹, 島さゆり, 植田晃広, 伊藤瑞規, 内堀歩, 千葉厚郎, 渡辺宏久:サイトメガロウイルス感染を契機に発症したIgG型抗GD1b抗体陽性自己免疫性ニューロパチーの1例.第38回日本神経治療学会学術集会.東京.2020年10月30日.

  18. 市川弥生子, 宮崎泰, 炭谷由計, 茂呂直紀, 渋谷裕彦, 永井健太郎, 石本麻衣, 徳重真一, 内堀歩, 石浦浩之, 三井純, 辻省次, 戸田達史, 安田和基, 千葉厚郎:2型糖尿病発症の高リスク疾患関連遺伝子バリアントを有する日本人の臨床像. 日本人類遺伝学会第65回大会.オンライン. 2020年11月18日-12月2日.

  19. 大石知瑞子,園生雅弘:体性感覚誘発電位(SEP)基礎:パターン認識しよう.第50回日本臨床神経生理学会.京都.2020年11月28日.

  20. 大石知瑞子,園生雅弘:上肢絞扼性神経障害の診療の実際〜各診療科における役割〜脳神経内科の立場から.第50回日本臨床神経生理学会.京都.2020年11月27日.

  21. 徳重真一,寺田さとみ,濱田雅,千葉厚郎,宇川義一,辻省次,寺尾安生:パーキンソン病患者における時間的展望の特徴.第50回日本臨床神経生理学会学術大会.京都・WEBライブ学会.2020年11月26日−28日.

  22. 寺田さとみ,徳重真一,市川弥生子,宮崎泰,内堀歩,高橋祐二,松田俊一,濱田雅,千葉厚郎,宇川義一,辻省次,寺尾安生:眼と指の運動協調はパーキンソン病より脊髄小脳変性症でより障害されている.第50回日本臨床神経生理学会学術大会.京都・WEBライブ学会.2020年11月26日−28日.

  23. 宮地洋輔,大石知瑞子,園生雅弘,田中章景:手根管症候群の新しい重症度分類の提唱.第50回日本臨床神経生理学会.京都・WEBライブ学会.令和2年11月26−28日.

  24. 向井泰司,恩田亜沙子,宮川 晋治,作田 健一,千葉隆司,大石知瑞子,西野一三,鈴木重明,谷口洋:PD-1 myopathyにおける針筋電図所見の検討.第50回日本臨床神経生理学会, 京都・WEBライブ学会.令和2年11月26−28.

  25. 平山健次,中島昌典,上月直樹,茂呂直紀,澁谷裕彦,吉池信哉,市川弥生子,千葉厚郎:脳実質病変を呈し,前立腺生検で診断したIgG4関連疾患の76歳男性例.第235回 日本神経学会関東・甲信越地方会,オンライン,2020年12月05日.

  26. 千葉厚郎:Guillain-Barré 症候群:糖脂質と末梢神経.Novartis Web Symposium.オンライン.2020年12月8日.

  27. 永井健太郎,市川弥生子,上月直樹,田中雅貴,大石知瑞子,千葉厚郎:錯乱状態を呈した、ATP1A2遺伝子変異を有する片麻痺性片頭痛の19歳男性例.第73回三鷹ニューロ研究会.三鷹・WEBライブ研究会.2020年12月10日.

  28. 中島昌典,内堀歩,行田敦子,千葉厚郎:合成HNK-1化合物を用いた新たなMAG抗体測定系の作製.令和2年度「神経免疫疾患のエビデンスに基づく診断基準・重症度分類・ガイドラインの妥当性と患者QOLの検証」研究班(神経免疫班)合同会議,オンライン,2021年01月15日.

  29. 永井健太郎: 視神経病変および多発脳脊髄病変で発症し脳生検にて脱髄性変化を認めた症例の治療について. MSクリニカルカンファレンス. オンライン. 2021年2月8日

  30. 徳重真一:眼球運動から見えてくるパーキンソン病の姿.ハッピーフェイスセミナーin多摩.東京.2021年3月4日.

  31. 永井健太郎,徳重真一,白鳥嵩之,澁谷裕彦,綾野水樹,松本淑恵,島田大輔,北濱圭一郎,下山田博明,市川弥生子,柴原純二,永根基雄,千葉厚郎:視神経病変および多発脳脊髄病変で発症し脳生検にて脱髄性変化を認めた1例の治療について第73回三鷹ニューロ研究会.三鷹・WEBライブ研究会.2021年3月4日.

  32. 茂呂直紀,中島昌典,綾野水樹,岡部直太,末松慎也,畑中良,市川弥生子,千葉厚郎:脳脊髄液中のみIgG4上昇を認めた,IgG4関連肥厚性硬膜炎の71歳女性例.第236回 日本神経学会関東・甲信越地方会,オンライン,2021年03月6日.

 

Ⅱ,論文

  1. Tokushige SI1, Matsuda S1,2, Inomata-Terada S1,3, Hamada M1, Ugawa Y4, Tsuji S1,5, Terao Y1,3 (1The University of Tokyo, 2 NTT Medical Center Tokyo, 3Department of Medical Physiology, Kyorin University School of Medicine, 4Fukushima Medical University, 5International University of Health and Welfare): Premature saccades: a detailed physiological analysis. Clin Neurophysiol. 132(1). 63-76. 2021. DOI: 10.1016/j.clinph.2020.09.026.

  2. Uchigami H1, Saito Y1, Tsuchida T1, Uchibori A, Chiba A, Saito M1 (1Tokyo Kyosai Hospital):Comparison of antibody reactivity in the first and second episodes of recurrent Miller Fisher syndrome. Neurol Sci. 202142(4). 1607-1609. 2021. DOI: 10.1007/s10072-020-04850-3. Epub 2020, Oct 27.

  3. Yamagishi Y1, Kuwahara M1, Suzuki H1, Sonoo M2, Kuwabara S3, Yokota T4, Nomura K5, Chiba A, Kaji R6, Kanda T7, Kaida KI5, Mutoh T8, Yamasaki R9, Takashima H10, Matsui M11, Nishiyama K12, Sobue G13, Kusunoki S1 (1Kindai University, 2Teikyo University, 3Chiba University, 4Tokyo Medical and Dental University, 5Saitama Medical Center, 6Tokushima University, 7Yamaguchi University, 8Fujita Health University, 9Kyushu University, 10Kagoshima University, 11Kanazawa Medical University, 12Kitasato University, 13Nagoya University):Serum IgG anti-GD1a antibody and mEGOS predict outcome in Guillain-Barré syndrome. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 91(12). 1339-1342. 2020. doi: 10.1136/jnnp-2020-323960. Epub 2020 Oct 11.

  4. Yasuoka S1, Kubota S2, Chiba A, Akai M3 (1Yasuoka Clinic, 2Teikyo University of Science, 3International University of Health and Welfare):Cognitive-behavioral-based physical yherapy for patients with severe lumbar spinal stenosis: A report of 38 cases. J of Biotechnology Bioengineering. 4(2). 19-27. 2020.

  5. Kikuchi JK1, Nagashima Y1, Mano T1, Ishiura H1, Hayashi T1, Shimizu J1, Matsukawa T1, Ichikawa Y, Takahashi Y1, Karino S1, Kanbayashi T2, Kira J3, Goto J1, Tsuji S1,4 (1The University of Tokyo, 2University of Tsukuba, 3Kyushu University, 4International University of Health and Welfare): Cerebellar Ataxia as a Common Clinical Presentation Associated with DNMT1 p.Y511H and a Review of the Literature. J Mol Neurosci. Jan 2021. doi: 10.1007/s12031-020-01784-5.

  6. Terao Y1, Honma M2, Asahara Y3, Tokushige S, Furubayashi T4, Miyazaki T, Inomata-Terada S1, Uchibori A, Miyagawa S3, Ichikawa Y, Chiba A, Ugawa Y5, Suzuki M3 (1Department of Medical Physiology, School of Medicine, Kyorin Universit, 2Showa University, 3The Jikei University Katsushika Medical Center, 4Tohoku Bunka Gakuen University, 5Fukushima Medical University): Time Distortion in Parkinsonism. Front Neurosci. March 2021 https://doi.org/10.3389/fnins.2021.648814

  7. Terao Y1,2, Tokushige SI2, Inomata-Terada S1,2, Fukuda H3, Yugeta A2, Ugawa Y4 (1Department of Medical Physiology, Kyorin University School of Medicine, 2The University of Tokyo, 3Segawa Memorial Neurological Clinic for Children, 4Fukushima Medical University): Deciphering the saccade velocity profile of progressive supranuclear palsy: A sign of latent cerebellar/brainstem dysfunction? Clin Neurophysiol. 2021 Feb 3:S1388-2457(21)00037-7. DOI: 10.1016/j.clinph.2020.12.023. Online ahead of print.

  8. Miyazaki Y, Toyoda K, Iguchi Y, Hirano T, Metoki N, Tomoda M, Shiozawa M, Koge J, Okada Y, Terasawa Y, Kikuno M, Okano H, Hagii J, Nakajima M, Komatsu T, Yasaka M: Atrial fibrillation after ischemic stroke detected by chest strap style 7-day Holter monitoring and the risk predictors: EDUCATE-ESUS. J Atheroscler Thromb. 2020. doi: 10.5551/jat.58420.

  9. 千葉厚郎:見逃してはいけない身体所見(No. 18) 神経の診かた−末梢神経.日本医師会雑誌.149.2188-2189.2021.

  10. 千葉厚郎:炎症性末梢神経障害のトピックス 免疫性ニューロパチー 治療の進歩.末梢神経.31.231-234.2020.

  11. 内堀 歩,千葉厚郎:ギラン・バレー症候群/フィッシャー症候群 診断・治療と今後の展望.日本臨床.78.1881-1887.2020.

  12. 中島瑛里子1, 軽部美穂1, 中島昌典, 下田佐知子1, 國友理恵1, 李恵怜1, 宮本彩子1, 竹森愛1, 小林知志1, 久木元光1, 内堀歩, 市川弥生子, 千葉厚郎, 駒形嘉紀1, 要伸也1 (1腎臓・リウマチ膠原病内科):血漿交換療法にて抗MAG抗体関連ニューロパチーの進行が抑制された1例.日本透析医学会雑誌. 53.553-558.2020.

  13. 下田由莉江1, 佐藤さゆり1, 飯島孝四郎1, 佐藤洋平1, 竹脇史絵2, 石田均2, 中島昌典, 千葉厚郎, 大山学1 (1皮膚科学教室,2糖尿・内分泌・代謝内科):帯状疱疹加療中に低Na血症と神経根炎を併発し意識障害をきたした1例.臨床皮膚科.74.1003-1007.2020.