2019.08.20

徳重助教の研究が医学部学内助成金「若手支援研究費」に採択されました

医学部では学内助成金として以下4制度を設け、採択されたグループ・個人に対して毎年研究費を支給しています。

・共同研究プロジェクト(医学部2教室以上で実施する共同研究を対象とした制度)

・若手支援研究費(45歳未満の若手研究者を対象とした制度)

・ユニーク研究助成(学生・若手医師に対する教育に関する研究を対象とした制度)

・研究奨励賞(杏林大学で実施し、優れた成果を残した研究を対象とした制度)

2019年度は4月から6月にかけて募集・選考を行った結果、計13名が採択され、当科から徳重助教が「若手支援研究費」授与対象者に選出されました。

7月17日(水)開催の教授会で贈呈式が行われ、渡邊医学部長より今後の研究活動に対する激励の言葉とともに各採択者に表彰状が贈呈されました。

DSC_0017-2-1-300x198.jpg

【若手支援研究費採択者】
左から4人目が徳重真一任期制助教(脳神経内科学)